こだわり

「朝食りんごヨーグルト」のこだわりは、なんといっても、りんごそのもの!

発売当初から「紅ふじ」という品種を使用しています。りんごの加工方法にもこだわりがあります。りんごのシャキシャキ感を保つため、りんごの加工時には硬さを測定し、果肉の状態に合った加熱温度・時間を設定しています。

紅ふじ

また、“青りんご果汁”をプラスすることで、より深い味わいと爽やかな香りを実現しています。

さらに、ヨーグルトはまろやかで舌触りがよいので、シャキシャキとした食感のりんごと相性が抜群です。

りんごの硬さを規格化することで、年間を通じて変わらない味わいを保つことができるのよ!

閉じる

朝食りんごヨーグルトの誕生

1997年に発売を開始した「朝食りんごヨーグルト」。

当時は、プレーンヨーグルトやフルーツソース入りのヨーグルトが主流で、果肉入りのヨーグルトはまだ珍しい商品でした。そこで、グリコは、りんごの果実感とヨーグルトがおいしく味わえる商品の開発をスタートさせました。

「りんごのおいしさってなんだろう?」と常に試行錯誤を重ね、生のりんごのようなシャキシャキ感・ジューシーさをまろやかなヨーグルトとマッチさせた「朝食りんごヨーグルト」が誕生しました。

「朝食りんごヨーグルト」って生のりんごを食べているようなシャキシャキさが魅力よね!

閉じる

コンセプト

発売した1997年頃は、「朝食の欠食率」が高いことが問題視され始めたころでした。

そこで、朝食に朝食りんごヨーグルトだけでも食べてほしい。朝食と一緒に食べて、一日を元気にスタートしてほしい。その思いから、「朝食りんごヨーグルト」の「朝食」は名づけられています。

ぜひ、朝食として、朝食のデザートとして、お楽しみください。シャキシャキりんごと、まろやかなヨーグルトの味わいが、一日のスタートをお手伝いします。

朝から「朝食りんごヨーグルト」を食べて、元気に一日をスタートさせましょう!

閉じる

きわだつ果実で気分すっきり!

ヨーグルトの乳の味わいをアップして、果実の爽やかなおいしさや食感が引き立つように仕上げました。しかも、人口甘味料不使用なので、果実とヨーグルトの素直なおいしさをお楽しみいただけます。

ヨーグルトがおいしくなったことで、果実のおいしさをもっと楽しめるってことね。

閉じる

パッケージの歴史

「朝食りんごヨーグルト」のパッケージのデザインは、発売以来変わらない、大きな赤りんごと青りんご、手書きで優しいタッチの商品ロゴと、爽やかな水色を使用しています。

15周年記念商品や限定パッケージも発売されていたのよ!

閉じる

LINEUP

ページトップへ